SIRIO  ラインナップ

​SIRIO 2 
しりお2 (2).jpg
しりお2.jpg
しりお2 (3).jpg

​※写真は、レッドオーク材

和の空間に馴染むシリオとしてデザインしました。二本脚のシリオ2。

直線的な部材で構成された本体に、座面の有機的なカーブを合わせました。

和風建築のように、組んで繋いで形にしました。

細身ですが、とても丈夫な造りです。

畳やカーペットの上を傷めにくい脚の形です。

 

SIRIO 2 Swing
IMG_1135.jpg
IMG_1145.jpg
IMG_1148.jpg

​※写真はレッドーオーク材

ロッキングチェアの原理を応用した、前後に揺れるシリオです。

人の両足で動かしたり止めたり、自由にコントロール出来ます。

シリオ2と同様にシンプルな造りですが、安定感のある末広がりなスタイルです。

読書をしたり、音楽を聴いたり、物思いにふける時、等、適度な揺れがとても心地良いものです。

ジャズを聴きながらスゥイングする感覚から、名前はシリオ2Swingです。

SIRIO 3

雑誌anan「カラダにいいもの大賞!」ファイナリスト選定

第36回くらしの工芸展 熊本県知事賞受賞

3
3
3

​※写真は、レッドオーク材

シリオシリーズの原点、三本脚のコンパクト設計、シリオ3。

北欧の椅子には、三本脚の名作がたくさんあります。

日本では、あまり馴染みがないのは、斜めに体重を傾けると、バランスを失う事があるからだと思います。

シリオ3は、人の両脚とお尻でしっかり身体を支える事の出来る椅子です。

また、人の足が椅子の脚に触らずフリーで快適。

人の二本の脚と、椅子の三本の脚で、安定感のある機能を満たす事ができると考え、設計・製作致しました。

またシリオ3の魅力は、三本脚のスタイルの独自性にあります。

木の質感と相まって彫刻的な作品に仕上がりました。

                                                                                                (意匠登録 1602437号)

SIRIO 4

第36回暮らしの工芸展 熊本県知事賞受賞

w3.jpg
w4.jpg
w2.jpg

​※写真は、クリ材

四本脚の定番、シリオ4。

子供からお年寄りまで誰でも気軽に使える、優しさがコンセプト。

長方形の座面がお尻をしっかり支え、太腿を左右からサポートする形。

リラックスしても股関節は、閉じた状態になります。

安定感がありますので、お子様、お年寄り、持病(腰痛など)のある方には、

シリオ4をお勧めします。

                                        (意匠登録 1602441号)

​シリオのご注文方法

メール、お電話などよりご注文ください。

在庫のあるものについては、yukiネットショップからもご購入いただけます。

ご注文の流れ

・シリオのタイプ(2、2Swing、3、4)

・シリオの素材(ビーチ材、オーク材、チェリー材、ウォールナット材 など)

・座の高さの調整について

 座の高さ(Low)(High)二種の中よりお選びいただく方法

  (Low) 身長160㎝前後

  

  (High) 身長170㎝前後

 

       ご注文の際にサイズをご指定下さい。

② イージーオーダー(自分サイズに調整)の方法

ご注文の際に使われる方の身長もしくは、股下寸法をお知らせ下さい。

​その寸法を基に座の高さを調整し、自分サイズの椅子としてお作り致します。

     <股下寸法の測り方>

・壁を背にして、両足が床と垂直になるように、肩幅くらい脚を開いて真っ直ぐに立ちます。

・固めの本や、CDケースなど(直角がある物)を股下に挟みます。

・背筋を伸ばして壁に背を当てておきます。

 股間に触れるところで、本を固定します

・本などを手で固定したまま、体をゆっくり離します。

・床から本などの上の部分までメジャーで測ります。